7色以上見える、天宝の親。背びれを中心に左右対称。

昨日はたいへんな天候でした。突然の激しい雨、気温低下竜巻注意報も出る始末。
朝から気持ちよく晴れたので『透明鱗・天宝・錦(てんぽう/とうめいりんてんぽうにしき)』を撮影しました。

親ですよ。
本当にきれいな子たちです。色調が左右対称なんですね。
大きく分けて4種類あります。

●赤系
●青系(コバルトブルー)
●オレンジ系
●黄色系

基本は7色以上見えます。

●透明鱗(体内の筋肉の色)ピンクやグリーンが見えます
●白
●赤
●青(コバルトブルー)
●黒
●オレンジ
●黄色
●茶
●銀

7色以上見えます。

特に首の上の肉が赤い部分が大きい仔は「ボンボリ」といい1/20の確率で生まれ希少です。

透明鱗・天宝・錦(てんぽう/とうめいりんてんぽうにしき)透明鱗・天宝・錦(てんぽう/とうめいりんてんぽうにしき)透明鱗・天宝・錦(てんぽう/とうめいりんてんぽうにしき)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です