メダカ ヒカリ体型とは

背びれ、尻びれ、尾びれが背骨を中心に 上下対称の形をしています。
尾びれがひし形なのが特徴です。
「ヒカリ」の語源となったのは、腹部に集まっている虹色素胞が背中に転移したことで、上から見ると光る事から名づけられました。
現在では、光のないヒカリ体型も存在するため、尾ビレと背ビレを見て判断します。
ヒカリ体型同士の交配では、99%ヒカリ体型が産まれるそうです。
また、骨曲りの個体が多いのも特徴の一つです。


紅桜メダカのオスとメス

ヒカリ体型

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です